原油価格と日本経済

原油価格の高騰によるガソリン価格の上昇があっても、あらゆる産業にかかわっている原料として、日本は原油を輸入し続けなければならず、産油国へは莫大なオイルマネーが流れ込みます。

日本国内では、様々な価格にこの上昇分が転嫁されますから、生産コストの上昇し消費者物価も上昇します。

この結果実質所得は減少し、個人消費が抑制されて景気は悪化します。

景気が低迷すると円の価値は下がり、同じ量の原油を買うのに多くの円を払わなければならなくなり、さらに原油価格は高くなります。

企業収益は悪化し、昇給は望めなくなり雇用・所得環境が悪化するというデススパイラルに陥ります。

ただ円レートは、世界情勢や他国の経済状況も影響するため単純ではありませんが、原油価格の高騰は、消費国国内への影響や主要国間の貿易だけではなく世界経済の中で、世界経済全体に予期せぬ影響を与えます。

産油国に集まったオイルマネーは、原油価格以外の方向からも悲しい原油輸入国の日本をイジメます。

ダブついたオイルマネーは、ヨーロッパの銀行を通してアメリカなど投資先に流れ、アメリカの長期金利を安定させるとドル高になります。

幸い近年は円高によって輸入原油の価格は比較的安くはなってはいますが、猫の目のような世界経済下では油断はできません。

ヘッジファンドなどいろいろな経路で原油市場に再びオイルマネーは還流し、原油の価格を再度押し上げガソリン高騰となる要因にもなります。

まさに日本は、石油価格に翻弄されているのです。

コメントする