未使用車はお得なのか?

中古車の購入を検討するとき、なるべく条件の良い車を探していくと、おのずと新車に近い条件に近づいていくことになる。

しかし当然価格も新車に近づいていくことになるので、自分の予算を考慮しつつ妥協点を探っていくのだ。

そんな中で、究極の中古車と呼んでもよいだろう未使用車という広告を目にすることがある。

未使用車とは読んで字のごとく、未使用の車を指す言葉だと思われがちだが、実はその未使用という定義が中古車の場合は難しいことになる。

例えば新車の場合を例にみると、新車だからと言って一度も誰も運転していない車でないことは、少し考えてみれば分かることである。

新車といえど輸送を含む単距離の移動は自走するし、それが工場からバックヤードに移され、そこからフェリーやカーキャリアが使われ販売店に到着するわけである。

その間に何人ものドライバーが運転席に座ることになるし、走行距離も多い場合は数十キロになることもある。

また、新車の保管場所はよほどの高級車でもない限り基本的に屋外であるから、その間についた汚れを落とすために納車前に洗車もされている。

つまり真っ新ではないのだ。

しかし中古車での未使用車の場合は、これと同じ状況とは限らない。

一番大きく異なるのは、ナンバープレートがつけられてから保管されていることだ。

新車は保管期間や短い移動にナンバープレート(仮ナンバーは除く)がつけられることはないから、新車であることの証明が簡単であるが、未使用車の場合はナンバーが取り付けられてからの保管なので、未使用である証明ができないのである。

走行距離が短ければ未使用であることにはあらないのである。

ただこの状態を説明する良い言葉がないので、未使用車という言葉が使われているだけなのである。

また新古車という言葉が使われることもあるが、こちらはもっと定義が分かりにくい言葉なので、最近は使われることが少なくなっているようだ。

また購入を検討する場合は、価格には特に注意したいところだ。

未使用車は新車よりも得だと決めつけてはいけない。

未使用車の販売店は、どこからかその車を仕入れてくるわけだから、その仕入れが高ければ新車より高い販売価格になる可能性もあるということだ。

仕入れルートや発生の仕組みは説明が長くなるので、こちらのホームページが詳しいのでそれをご覧ください。

つまり、未使用車と言えども新車より高い可能性もある、または新車と同等の販売価格の可能性もあると言う事です。

ですから、よほど新車価格の知識があるか、値引きを含めた販売価格を調査してから購入しなければ、失敗する可能性もあるのだ。

このように未使用車は少し玄人向けの中古車であるので、購入は慎重に検討してからがおすすめである。

間違えても、希少ですとか、早く契約しないとなくなりますなんて甘い言葉に急かされて、衝動買いはしないようにしてほしい。

コメントする